院長からのご挨拶

市川シャポー眼科の院長 佐賀 正道(日本眼科学会専門医)の写真

当院では患者様との信頼を大切に、質の高い医療の提供を目指し、お一人お一人に対して、わかりやすく、丁寧な診療を心掛けております。

これまでの経験から、患者様にじっくりと向き合った医療の重要性と必要性を感じ、ただ病気を治すことだけでなく、快適な見え方=Quality of Vision を守り、維持する医療をしたい。これがクリニックを開設した目的です。

何故なら人間の五感の内、視覚から得る情報は最も多く、約87%を占めています。目は視神経で脳に直結しており、見え方の質は心と身体の健康にも影響を及ぼしています。

なお、当院は、東京歯科大学市川総合病院と連携しております。ご紹介等についてはお気軽にご相談ください。

佐賀 正道

プロフィール

医学博士・日本眼科学会認定専門医・日本眼科学会会員

昭和63年
慶應義塾大学 医学部 卒業
昭和63年〜平成7年
慶應義塾大学病院勤務 糖尿病網膜症や緑内障など、眼底疾患の治療に多く携わる
平成7年〜8年
東京都済生会中央病院勤務
平成8年〜10年
日本鋼管病院勤務
平成10年〜15年
東京都国民健康保険団体連合会 南多摩病院勤務
平成15年〜21年
稲城市立病院勤務
平成21年9月〜
市川シャポー眼科勤務
平成22年11月〜
市川シャポー眼科開設・管理者となる